スズキ エブリィ 追突される 全治2週間の修理

 追突されたのは配達途上である日曜の朝だった。 信号で停止していたところにイキナリ後からショックがあり、咄嗟に追突と感じたのでリアヴューミラーを見ると紺色の乗用車が追突したようだった。 追突されたのは初めてである。 無論自分から突っ込んだこともない。

 歩道に乗り上げて加害車の停車を待つと若いカップルが車から降りて来た。・・中略(註1)・・こちらは特に身体に異常はない。 加害者に怒っても車が治るわけでもないし、遅れた配達はもっと遅くなるばかりなので怒りもしなかった。

 その時はエブリィの被害は後部バンパーだけと思えたが、配達途上で後ハッチが完全に締まらずわずかに隙間がある状態で半閉まりになっていることに気づいた。 後バンパーの上端のボディにあるハッチのロック用鈎金具がボディごと下に曲がって完全に閉まる事を妨げているようだった。

 夜になりクビの筋肉が痛い=筋肉痛のような=気がしたが、翌朝には平常になっていたので特に通院する事もない。 

 車を修理に預けて14日め、修理完了の連絡があった。 車体下から覗くと例の鈎金具を取り付けてある鉄板が新しくなっていた。  勿論バンパーは新しい物と取り替えられていた。

 この車の修理費は約19万円、レンタルカー費用は4万円だった。 面倒回避のために予めレンタカーの用意は修理工場で手配とした。(註2)

 言うまでもなくこんな貰い事故はゴメンだが、運が悪くばもっと色んな迷惑があったハズだ。
 ムチウチ症にならなかった
 加害者が自動車保険に加入していていた 
 加害者がヤクザや当たり屋でない

 自宅まで誤りに来ると提案を受けたが、それで車が新車になるわけもなく、こちらの気が晴れるわけでもないのでお断りした。  

 保険会社の補償についてはこちらの迷惑ぶん、つまり事故車の配送と出荷の遅れに係る補償がなく不満が残る。 この自動車保険(三井ダイレクト)についてのコメント←はコチラのサイト


- - - - - - - - - - - - -
<文中注釈>
註1) 加害者とのやりとり、警察への報告。
 
一般的には・・
 ①怪我人の救助と救急車の手配
 ②事故車を安全な場所に移動する
 ③互いの免許証確認と現住所、連絡先の交換
 ④互いの自動車保険会社の交換
 ⑤お巡りさんが来てからでもいいが自賠責保険と車検証の確認

 などするが、今思えば運転免許証の確認を忘れていた。

 昔、事故現場の清掃は当人同士で行うとお巡りさんから聞いたがホントかなぁ? できない場所もあるよなあ。 

註2) 加害者の自動車保険にレンタカー代金の補償があったので修理工場とは別に手配しても補償はある。













自転車 レフテールシール 6枚 41511
SAGISAKA(サギサカ)

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 自転車 レフテールシール 6枚 41511 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック