家庭菜園用クボタ・トラクター中古買う 第2話 耕耘大苦戦

  関連サイト:第1話 リサイクル屋で中古トラクター買うからのつづき
  第1話あらすじ  農業爺の紹介でリサイクル屋に行きトラクターを買う約束をする

第2話

 翌日、現金33万円を握りしめて、トラクターを買いに行く。 ベトナム人の経営するリサイクル屋だ。  油圧クレーンのついた4トンぐらいのトラックにトラクターを積み込み、ウチの畑(当ブログ家庭菜園コチラ)まで運ぶ。

  ベトナム人弟子が畑を耕して見せる。 トラクターの操作を説明される。 走行は普通自動車と全く同じで前日爺が動かしながら説明したのでWりだ。  耕す爪(後にロータリーと呼ぶことが判明)の深い/浅い、並びにロータリーのリフトの操作は何れも専用レバー1方向のみで行う。

 彼らが帰った後は取敢えず、畑の一角にトラクターを寄せて、用意していた雨よけシートを被せてバンドで締めておいた。 しかしこの締め付けは甘く、後の台風で吹っ飛ぶことになるが、この時点ではそれを知らない。

 ありがたい事にネットで操作マニュアルを公開していたので入手、操作や手入れをざっと見る。 クボタのB52(註2)という機種で兄弟機種にB72 B92がある。 仕様はA-13、A-14と同じ操作マニュアルを使う。

 数日が過ぎ、トラクターを運転して耕作することになった。 コレが大苦戦。 耕したアトが平坦にならない。 高い所や低い所ができて平坦に耕耘できない。 コレは一体どうした事か。 ただ、耕した土は耕運機とは比較にならない程フッカフカで、土の上を歩くと足が沈み込む。

 家内はそのデコボコを見て言う。 
 「ポコポコ(註3)じゃん。 恰好わるい~」
 チッキショー、オメエがトラクター欲しいちゅうからこんなハメになるじゃんかぁ、と内心思いつつも、こんな簡単な事(以前は簡単と思っていた)で俺の株を下げたかない!とも思う。
 「トラクターってムズカシイなぁ」 などと受け応えて苦笑いする。

 トラクターを操作して耕耘しているシーンは何度も見ているが、皆涼しい顔して運転している。 ドウシテ ミンナ ウマク イクンデショウカ??

 ロータリーが耕した土は後ろに飛ばすので、後は山になる反面、前は凹む。 ロータリーを上げたら必ず凹凸になる、そしてカーブもダメ。 ロータリーが横に動くので、、内側の土を外側に持って行くのでデコボコの原因となる。 

 いくら初心者とはいえ、 これまでにどこの畑でも見た事もない深い穴と山もりの畑となり荒波状態。 借りている畑の近くには家庭菜園と思われる人が2人程トラクターを持っているが、彼らも耕した跡はプロ並み(シロウト見には)だ。 

 あまりにハズカシイので、シャベルを持ってきて山の土を谷に落として平らにする。 こんな事してる人も見たことあない。 

 その夜、某夕食会が催され、ハウス栽培で真冬にナスを生産している同級生の鉄ちゃんに偶然出会った。 彼に今日の出来事を相談する。

 「逆回転っちゅうの付いてる?」
 「ついてる」
 「じゃ、逆回転で最初のところで土を寄せとくワケよ。 その土を順回転で後にもってけば平らになる」
 「へ~、そーかー、やってみる」

 「じゃ、タイヤの跡付けずに耕すには?」
 「畑、こうあるとするだろ、最初、こー行くじゃん」
  箸置きをテーブルの上でトラクターに見立てて動かす。

 「で、バックでこっち来てぇ、 こう行ってココ耕して ・・ で、出ていく」
  最後の出ていく、の言葉に合わせて箸置きをサッと引く。
  
 なるほど、そうだったのか~ 納得した。

 翌日、昨夜聞いたとおりやってみる。  これはヨイヨイ・・てな具合にはならず、マタマタ苦戦。 昨日よりは改善された。 間違いなく上達している。 しかし、デコボコは治らない。 

 用意してきたシャベルで盛り上がった土を凹んだところに移動する。 15馬力の小型とは言え、馬15匹分の働きでデコボコにした土はボリュームがある。 アセだくになって、誰かに見つからない内に、と必死で土を運ぶ。 トラクターでクタクタとはこの事か?

 その上からこれまでに培った耕耘のノウハウを全て注ぎ、全力で耕す・・つったって、小学校のプールよりも狭いぐらいの面積だけど。

 すると耕し面はソコソコ平坦になって今度は見苦しくない。 この畑での学習は一旦デコボコになるとトラクターだけでは修復が不可能って事だった。

 おしまい

2019.02.09 追記

 あれから何度か耕す機会があったが、一向に上手くならず、家内には象の寝床と言われる程窪んだところができた。  

 しっかあーしっ! こんなハジ晒しな畑は今日限りだ。 今日、上手く耕すワザを習得したのである。 読者にはこのハジ晒しと涙、そして怒りとアセで獲得した、誰も教えてくれないノウハウをお伝えしよう。

 ①前進2速以上で耕す
 ②深く耕す

 これまで、深く耕すとデコボコが更に大きくなるのではないかという心配から浅く耕していたのだが、深い方がロータリー後部煽り板の押さえつけが効き、平らになる可能性高い。

 土塊が小さくなるよう耕す為に前進1速のみで耕していたが、前進速度は早い程土面の波は小さくなりやすい事を確認した。 緩んだ紐は大きく波打つが張った紐は波が小さいのと似ている。 だたし3速になるとパワー不足で土が粗く抵抗が大きいとエンジンが止まる。

 ロータリーを最初に土に入れる時も2速のほうが土を後ろにハネ飛ばす前に前進してしまうので山ができにくい。 前述①②とこれまでの技術を投入して畑はソコソコ平らになった。 めでたい事じゃ。  と言っても小学校の25mプール程度の大きさだが。

 ただ、象の寝床の方は既に白菜が植えられていて、取返しがつかない・・ 残念!

 おしまい

<文中注釈>

註1) クボタ、よくB52などと言う名前を付けたな、と思う。 しかもそれをベトナム人が売っているとは。 

 ベトナム戦争(註2)当時、TVニュースで耳にタコができる程聞いた「B-52戦略爆撃機」。  「北爆」といって群れをなして北ベトナムに爆弾を落としに行った飛行機だ。 沖縄から行ったかもしれない。 太平洋戦争のB-29のベトナム版なのか。

註2) 南ベトナムの民主化独立を支援する形で米国が肩入れしたが、北ベトナムをソビエト連邦、略してソ連が支援した為に南北ベトナムの戦争は泥沼化し、長年の戦争となった。

 当時の米ソ対立の背景から、代理戦争と言われた。 多くのベトナム人犠牲者を出した事はもとより、米兵の死傷者と精神障害者を出し、とめどのない軍事費の流出が米国を疲弊させた。 世論の反対により、肩入れは抜き差しならない状態で終戦となった。

 この戦争でジャングルに撒布された枯葉剤は奇形児を生んだ。 同盟国として参加した韓国軍は婦女暴行で約1万人の韓国人混血児を残したが、日本の従軍慰安婦問題を取り上げる上でこのことは隠されている・・らしい。

 反戦運動や反戦歌などが時代の象徴となったのもこの時代である。 ビートルズのメンバー、ジョン・レノンがエリザベス女王から送られた勲章を返還したのも英国が米国を支援していた事に起因するもので、妻オノ・ヨーコ(註4)もまた反戦運動家として知られている。

 ベトナムではこの時代の出生率が低下して、その約20年後の1990年代前半では日系企業が現地進出の検討をしたが、若年労働者がいなくて進出は先送りになったと聞いている。
 
(以上、ベトナム戦争に関する記事は全て兜の記憶と主観で記述したので、史実と異なる部分があるかもしれない)

註3) 外人である彼女はオノマトペ(擬音、擬態を言葉で表す)がほぼ独自のものである。

註4) 彼女の楽曲は前衛と呼ばれたが、素人の自分には音痴の叫びぐらいにしか聞こえなかった。

U-Tube オノヨーコ・ミックスリスト
https://www.youtube.com/watch?v=swG6Rry9Tss&start_radio=1&list=RDswG6Rry9Tss







トラクターとコンバイン (はたらくくるま図鑑)
スタジオタッククリエイティブ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



bruder(ブルーダー) NH T8040トラクター BR03020
ジョブインターナショナル

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト




リョービ(RYOBI) 電気カルチベータ (耕うん機) ACV-1500 663100A
リョービ(Ryobi)
2013-06-01

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



リョービ(RYOBI) 電気カルチベータ (耕うん機) ACV-1500 663100A
リョービ(Ryobi)
2013-06-01

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック