CB400 Super Four 借りて乗ってみた

他人の単車乗るのは久しぶりだ。 

CB400 Super Four 中古、どのくらい古いか不明。 初めて聞く人の為に説明すると、ホンダのバイク、排気量400ccぐらい、4サイクル4気筒である。(注1)

実際に跨ってハンドルに手を伸ばしてみると、ポジションが妙にピッタリくる。 昔CB750Fのってたからか? ブレーキといいクラッチといい、何か自分のバイクのような気がする。  実際に発進してみると・・やっぱりクラッチミートは一寸ハズレていた、自分の感覚より。

カチカチ シフトアップしてトップに入った。 素直なシフトだなぁ。 けどパワー面では400ccって感じがあまりしない。 5分程走って、自分のテスト・コース(レッド・ローズ・スピードウエィと自分だけが呼んでいる)に来た。

アクセルを全開にしてエンジンの特性を知る。 大体6千回転付近からカムのオーバーラップが始まり、レッドゾーンまで続く。 なので急にパワーが出る。 オーバーラップとは、排気の慣性(質量があれば慣性もある筈)で吸気を引っ張る。 弁の開閉タイミングと流速がチューンしないと起きない。 

一般道路では3千回転付近で走っているが、このバンドではラフなアクセルコントロールでもギクシャクがなく、走りやすい。 トップギヤで40km/h程度で走っても不足感じず、エンジンブレーキも効くので、アクセルコントロール一本でフレキシブルな走りができるという感じだ。

しかし、このバンドからパワーバンドまでがちょっと離れているので、3速ぐらいまでシフトダウンでパワーを引き出すのは自分には一寸ストレスではある。

ハンドリングも超素直で、カーブしやすい。 今回バンクはさせなかった。

採点表
エンジン特性 
  低速 〇
  中速 X
  高速 〇
操舵   〇 (ハンドリング)
制動   〇 (ブレーキ)
サスペンション
前    〇
後    △ 古いからか?
風防   不明 

今日はお日柄もよく、単車で走っていたところ、友人宅の近くに来たので寄ってみると、なんと単車を購入したと言って磨いていた。(注2) 超オドロキだった。 どうしてオレに報告しない!と言いたいところだ。

「お前、単車また乗るの。 止めといた方がいいんじゃないかあ。 年寄りの冷や水とはこの事だな」

と冷やかす。 聞くところに依ると、昨年末のボーナスが余ったので買ったらしい。 もう数十年乗っていないハズだが。  余裕、アイツの家庭。

余りの嬉しさに正月に千葉まで泊りがけのツーリングに行ったという。 この寒いのに。 寒いって言っても、この冬は超暖冬だが。

IMG_3213.JPG
まあ、転ばないだけでもヨシとしよう、などと他人の事なのに承服する。 ← 何だろう、この気持ちは?

おしまい

<後注>

注1)ホンダはCBというシリーズでホンダが設立されて間もないころより命名している。 CBはクラブマンの頭文字という記憶がある。 その後の数字が排気量である、現在は。 

本文で、400ccぐらい、と書いたのは400cc以下の排気量の筈だから。 400ccを超える排気量は日本の運転免許制度ではひとクラス上の大型二輪になるので、これを超えない為の措置である。 

蛇足だが、排気量というのは、シリンダーの容積で、ピストンが引いてシリンダー内に最も混合器を吸っている状態を合計した容積である。 4気筒というのは4つのシリンダーが一つのエンジンに備わっているという意味。 なので、4本のシリンダーの容積の合計が400cc。

注2)自分は車もバイクも殆ど磨きません。 

以上

明治 ザバス ウェイトダウン ヨーグルト風味【50食分】 1,050g
明治 ザバス ウェイトダウン ヨーグルト風味【50食分】 1,050g

ACTIVE WINNER プッシュアップバー
ACTIVE WINNER プッシュアップバー
プリズナートレーニング 圧倒的な強さを手に入れる究極の自重筋トレ - ポール・ウェイド, 山田雅久
プリズナートレーニング 圧倒的な強さを手に入れる究極の自重筋トレ - ポール・ウェイド, 山田雅久

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント