姥捨て山(うばすてやま)の逆話 第1話

コロナウィルスで都市封鎖されたと仮定する。 GWは里帰りができなくなる。 田舎は都市から帰省する人達に危険を感じるようになると、爺婆も簡単に「帰っておいで~」などと言いにくくなる。

だって、その爺婆がこの村で1号の感染者になり、その感染が原因で他の村人が死亡したりすれば小さな社会では寝覚めが悪い。 しかし、孫には会いたいと思う。

爺婆は思いつく。 孫が来てない事にすればいいんじゃないか。 山に孫を隠そう、ってな事になり、山の物置小屋を急遽整理して住めるようにして孫をかくまう。

これは現代の昔話、孫隠し山。 姥捨て山の逆関数だ。

第2話につづく
[Amazon限定ブランド] #like アサヒ おいしい水 天然水 ラベルレスボトル 2L×9本 イワタニ ジュニアコンパクトバーナー CB-JCB [山善] 防災リュック 30点 セット 幅32×奥行16×高さ43cm 一次避難用 給水バッグ 携帯用トイレ 大容量 レッド YBG-30R
<脚注>
姥捨て山という昔話がある。 殿様が御触れを出し、一定の年齢に達した老人は山に捨てよ、という掟、無論老人が役に立たないという理由で。 一人の若者が老母を山に捨てに行くことができず、縁の下に隠していた。隣の殿様が難題を解けなければ攻め入るというとき、縁の下の老母がこの難題に年寄りの知恵であっけなく答え、殿様は姥捨て山の定めをやめた。

叩かずに鳴る太鼓を作れ
灰で縄を作れ
曲がりくねった筒に糸を通せ

答えは、太鼓の中に蜂を入れる、縄に火をつけて燃やす、蟻に糸を結び筒の反対側に砂糖を置く

注2)逆関数とは関数の逆。 関数とは簡単に言えばAというモノを箱に入れるとBになって出てくる、言い換えれば魔法のハコなのだが、数学の話なので、魔法とは言わない。 

 A → 関数というハコ → B

逆関数はこの→が逆を向く、つまりBというハコに入れたらAになって出てくるのである。

 B → 逆関数というハコ → A

以上

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント