Wi-Fi中継器つけてみる セットアップに手古摺る BUFFALO WEX-1166DHP2

Wi-Fi中継器を買ってセットアップした。 目的の地点では通信速度測定サイトの結果、通信速度は倍ぐらいになったかもしれない。(注1)

↓設定設置(借)の実機
79260F22-BB42-4941-A528-6EBA5846219D.jpeg

■購入の前に

BUFFALO WEX-1166DHP2 コレを選んだ理由は普及版の次に価格が高かったから。 普及版ではパワー不足だったら後悔する。 後で分かったが、通信速度がやや速いらしい。

↓参考
9D524991-8183-44E9-A79D-41E8FECD083E.jpeg

購入の理由は工場(コウバと発音、オラの収入を生み出す現場)のWi-Fiが弱いからで、iPhoneのアンテナ弓マークが点になったり無くなったりする。 調子いいと2本の場合もある。(注2) なのでYoutubeでは画面真ん中付近で動画は止まりグルグルマークが出る事シバシバ。

■製品が届く

製品は来たが、取付が面倒そうな事は通信機器というだけで想像できる。 なんで、手元に届いてから2か月程放ってあった。 そんな今日、どういうワケがヤル気が出て設定に着手。 

■初期設定

親機(ルーター) → 中継器 → PC、iPhone

上記フローの→部分を設定する。(蛇足でしたか) ルーターや好みで設定方法はイロイロあるが、自分の設定方法は以下の通り。 

↓設定は親機傍でせよと書かれている
FCFA8DB2-C7E1-4E0D-BA0B-D7E6D453758A.jpeg

-1. 親機(ルーター)と中継器を繋ぐ

中継器接続ガイドのQRコードからアプリ(以下APP)「StationReader」をダウンロード(以下DL)し、APPの働きで初期設定接続が完了した。 PCでも

↓このQRコード94C34E7D-FECB-470C-AC0C-241D15EABC07.png
APP Store経由でDL
D9E72649-50A1-48D8-AC83-F85EB49EF708.png

始動させると、こんなサイトが出てきた。
IDとパスワード入れて 上から2つ目の「無線親機とWPS(注4)でつなぐ」を選択すると、ケータイ画面は「設定中」の画面に切り替わり自動的に接続される。

6BF1F09D-F6B5-4DDB-AF4F-1EB6CA76E60B.png

APPで接続状態をみると、親機(ルーター)と中継器は繋がったようだ。 ルターと中継器の接続は成功してたってえ事を信した。 中継器とiPhoneが接続されてないって事で赤バツ印。

A9BDBEB8-4C44-4FFD-A406-70648F378B2C.png

-2. 中継器とiPhoneをつなぐ

中継器のSSID(注5)をiPhponeに登録する。 パスワードは2.4Gと5Gの両方だ。
FF32ADD7-D8A0-45A5-90D8-DDD1915D4DEA.jpeg

APPが示すとおり中継器とiPhoneは接続が確認された。 APPでは子機の接続が2.4Gになっているが、後に5Gでは各段に早い事が確認された。

293B0778-EB32-47D9-8EEB-8FC7BA850254.jpeg


これで接続設定は終わり。 設定骨子は上記通りだが、実際は不手際がイロイロあった。(注7に詳細)

■ 中継器の最適場所を探す

中継器がルーターのWi-Fiの強いところでキャッチしていない。(注6) 上流の流れが悪ければ下流で良くなることはない。 企業で言えば中間管理職のような立場にある中継器なので、居場所探しをしなくっちゃなんない。

屋外もマズイし、電源が必要って事で、置き場所で考えられるのはアソコ(ったって、Hなトコじゃない)しかない。  ソッチに移動させてデンパの強度を見ると … D938CBD9-06B1-4D0C-A132-A87E12C5AFF5.png

ヲ~、狙いどおり、Wi-Fi強さは上がった。 工場にiPhoneを持ち込みAPPで確かめると、電波の強さを示す弓が3重。 速度計で計測するとこれまでの2~3倍になった。(5G-中継-5Gとして) 

で完了。

■付記

最後に、この後発見した参考サイトを記しておこう。
F5474A8C-B3FD-4547-8140-6F32AD630675.jpeg

専用APPのDLマークをクリックすると、操作マニュアルがDLできる事を発見した。

A3A82C4C-8121-4EA2-8BDA-C47389C01FD5.png

おしまい

<注釈>

注1)元々安定していない通信速度なので、幾つとは言えない。15~30M 正確な検証しているヒマが取れない、いまのところ。 

注2)通信強度ってどうしてこうも安定しないのかね。 5Gになりゃ変わるんか? 元は光1G隼とか鷲とか言った名前の商品。

注3) 設定手順のWPS(注4)ボタンがない。 YohooBBで接続されているのでルーターはこの会社から送られてきたものである。 このボタンというのが何であれ、YahooBBのルーターにはリセット、機能、この2つしかボタンがない。 闇雲に機能の方のボタンを押すと、この設定はウマク行ったかのように見えた。 しかし、接続は上手く行かず(後で思えば当たり前だが)、後述する流れになった。

※WPS Wi-Fi接続をボタン一つでできるしくみ Wi-Fi Protected Setup

注5) SSIDはルーターが出してるWi-Fiの手みたいなもんで、PCやスマートフォンの手とむずび合う、手の名前。 Service Set IDentifier

注6)中継器の表示ランプの点灯具合でキャッチする電波強度が判断できる。

ランプの意味は次の順
電源  ルーター 端末 WPS
DC70FABB-8544-454D-8655-5E6F6E08B5E5.png

注7)APPをDLしたくなかったので。手動で初期設定しようと「初期設定ガイド」を見ながら設定する。 ところが、ガイドをよく読んでいなかった!

 WPSボタンがルーターについていないにも関わらず、コンナモノ無くても設定できるハズ、と何の根拠もない思い込みに奔走して、無駄な時間を過ごした。

 更にその後APPを使った設定にも適当な手順でやってしまい、接続までに時間がかかってしまった。 (注3)  

以上

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント