Softbank光 プロバイダ オーバーフローか?ネット動かんぞ

先程、インターネットが全く使えなくなった。 「サーバーが応答しません」的メッセージ。 あれは~ 8時20分ごろ?

サーバーって、ウチはSoftbankだよなぁ。 Softbank問題ありか? もしかして中国製基地局器が米国のイカリ買ったってぇんじゃ?(注1)

Softbank光に乗り換えた(当ブログココ)のは2019年5月、Y!mobleにしたときに店員に勧められた。 ケータイ料金が安くなるぞう、って。 

ところが、今年に入って、8時付近のネット反応が非常に鈍くなった。 先週までは、モデムやルーターに何らかの障害か?と思っていたが、先日Wi-Fiの中継器をつけ(当ブログココ)、専用APPでモデムから中継器への通信容量が表示される。

ここで判明した事は、通信量が見る見るウチにかわって、物凄く変化している事だ。 理由も一般ゾーンも不明だが、インターネットに接続できんじゃ、プロバイダの意味ないね。

夜のこの時間帯は毎日だもんね。  またプロバイダ変えないとならんかな。 

おしまい

注1)米中覇権戦争。 中国は国内外のビッグデーターを収集している。 その方法として中国製携帯電話基地局器や端末にデーターを収集するチップが埋め込まれているという事実があった・・とどこかで聞いたが、中国は通信においても世界トップクラスになっており、米国がツブシにかかっている。 米国は中国にいる米国人技術者全員をコロナウィルス対策と称して米国に引き上げた。 米国の工業系大学への留学者にビザ1年しか出さない。 学会目的の入国ビザ出さないなど技術流出を抑える工面をしている。 また、ファーウエィ関係との繋がりのある企業の取引停止など経済面でも中国排除を進めている中、Softbankが中国よりなのは先行きがアヤシイ。

注2)プロバイダ 履歴 最初Yahoo、モデムをリースにしてたのが気に入らなかった。  次はSo-netとかそんな名前のところ、これは遅かった。 次にOCNとくに不満なかったが今のSoftbankに変えた。

以上

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント