テーマ:未来

姥捨て山(うばすてやま)の逆話 第1話

コロナウィルスで都市封鎖されたと仮定する。 GWは里帰りができなくなる。 田舎は都市から帰省する人達に危険を感じるようになると、爺婆も簡単に「帰っておいで~」などと言いにくくなる。 だって、その爺婆がこの村で1号の感染者になり、その感染が原因で他の村人が死亡したりすれば小さな社会では寝覚めが悪い。 しかし、孫には会いたいと思う。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シンギュラリティ(コンピューター人間超え)は近い このロボットには勝てそうもない

人口知能(注1)と最近よく聞くが、人口知能まで行かなくてもデーター解析だけでも大抵の事は人間の代用ができる。  人口知能とは広い意味で使われる。 自分の場合、何と理解しているかと聞かれれば、「コンピューターが自ら学習するシステム」と言う。(注2) 「シンギュラリティ」という言葉もハヤリだが、これはコンピューターが人間の知能を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新型肺炎でもたらされる未来社会を考えてみた

新型肺炎、武漢肺炎ともいう。 対策で催しが次々と中止になっている。 楽しみにしていた人も感染防止の為には納得せざるを得ないだろう。 自己防衛の為に外出しにくくなった。 この風潮が元に戻るのは何時だろうと考えたとき、もう元には戻らん部分もあるだろなぁと考える。 ■通勤 在宅でできる仕事は在宅にする。 出勤はコアのとき。結…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

身の回りは未来のもので溢れていた(1話)

我々はほぼ毎日外食する。 土曜と日曜は朝食バイキングで、金曜が焼肉食べ放題だった。 料理を前にして家内に言う。 「こんなもの、俺が子供の頃にはなかった。 これも無いし、これも。 大体、外食しないし、レストランなんてのがない。 あっても食堂(注1)かうどん屋」 第1節 子供の頃未来の食事がこうなるとは全く考えなかっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自動運転バスの実証実験車見た もたらす変革は

昨年末、ウチの前の道、1Km程先で自動運転バスの実証実験車が停止しているところを見た。 実際にはまだ運転者が乗っている。 ずっと前に自治会の回覧板でこのプロジェクトの説明があった。 バス会社や自動車メーカーのプロジェクトだ。(注1) 約13kmを25分片道を無人運転のバス(という程でもない普通車)が運航するというもので、有人運転の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

読書 百田直樹「フォルトゥナの瞳」主人公のように寿命わかる人知ってる

百田尚樹著 「フォルトゥナの瞳」は人の寿命が見える特殊能力を持った主人公が、命を懸けて他人を危機から守る小説。 じつは、寿命が分かる人が身近にいる。ここでは彼の名を叶万事(かのう ばんじ)君とでもよぼう。 叶くんは占い師でもないし、和尚さんでもない。 寿命が分かると書いたが、相談すればその人の寿命は教えるが、自ら「君もうす…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宅配便の今日 (理不尽クレーマーにもマケルナ)

 以前 未来の宅配便について以前書いたが、今日は宅配便の今日(こんにち)について考えてみた。  昨日の村祭りで久しぶりに会った同級生が転職して宅配便の下請けをしていると話した。 朝は5時半から夜は9時ぐらい、遅くなると夜11時くらいまで仕事があるそうだ。 今、業界の問題になっている昼間不在が半数で夜の配達が集中する為という。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

運転免許証の更新 <付録>人間に法規順守を頼る交通システムは古い

 この地域では交通違反があると運転免許センターに行き、料金を払って講習を受ける必要がある。 違反が無ければ適正検査だけで終了するばかりでなく近隣の警察署で更新手続きが受けられる。 今年は人生で初めて警察署で簡易的に扱われる方の組に入った。  視力検査と写真撮影の後、即日交付の免許証の完成を待つためにビデオのリピート再生(自己防衛運…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

未来の葬式 <付録>三途の川の前は花畑か

 昨日は葬式があって未来の葬式について考えてみた。  自分の住む田舎では、この10年の間に葬儀場は急増してそれ以前の約3倍に急成長しているので、最近では通夜さえも葬儀場で行うのが一般化されてきた。 家内が言うには、ドライブスルーで香典を納める葬儀場がTVで紹介されたらしい。   兜の叔父の一人は数年前に自分の墓を購入したばか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

3Dプリンターの未来

前話「宅配便の未来」より続き  3DプリンターってTVで見たものでは材料は1種類なんだけど、将来はいくつかの素材が使えるようになるんだろうねぇ。 トナーのコピアが最初黒インクだけだったのが4色になってあらゆる色が出せるようになったように。   3Dプリンターだと、バリエーションは色だけでは物足りない。 例えば紙と木とか、樹脂…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

未来の宅配について考えてみた

 昨日のニュースで楽天はゴルフ場のサービスとしてドローンでフィールドのプレーヤーにボールや飲み物の配送をするサービスを始める、今後はその範囲を拡大すると言っていた。  宅配にドローン使う可能性があると聞いた事あるけれど、強風や雨はムリじゃね。 上州の空っ風や遠州の空っ風なんて台風並みの時もあるし、尾鷲ってったら年中雨だし。 恒常的…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

車の自動運転 未来の車

アベ総理が勧める車の自動運転についてまた考えてみました。 前に考えたのは自動運転車の標準化と公共化だったが、今回は法令面から。  自動運転は法規遵守では走れないんじゃないかと思うほど標識がたくさんあるところもある。 更には交通道徳まであって何かを無視しないとならないと思える場所は少なくない。   自動運転の車: 標識の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京モーターショー 自動運転未来の車

2015.11.08  東京モーターショーの報道を聞いて、自動運転が本当に必要なのかと思ったり、これが未来の車なのかと疑問に思ったりした。  自分が子供のころ、今から半世紀ほど前に未来の車と描かれていたのは當に自動運転の車だったが、今の自動運転の車と少し違う。 半世紀前の未来の車は道路に埋め込まれた発信機の信号を車が辿ってい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more