家庭菜園(4) 落花生の種まき カラスから種を守る

本当のタイトルは「家庭菜園-家内の趣味のお手伝い」なんだけれど、長いので今後は略して「家庭菜園」とする。 っちゅう事は連続掲載かな。 家内の趣味を手伝うことに変わりありません。

 さて、今般は落花生の種まきです。 ココで重要なのは種=殻付き落花生(ピーナッツとも言う)を土に埋める作業のノウハウよりも、蒔いた落花生がカラスの被害に遭わない事です。

約2週間を経て成長した落花生


 昨年は種まきした直後からカラスに喰われ、殆どが食べられて、人間様が食べる分は殆どなくなり、今年のタネにまわすのが精いっぱいだったのである。

 カラスというものは落花生が大好物で、大抵は電柱から人間の行動を見ていて、種まきが終わると畑に舞い降りて落花生をほじくるのである。 

 ♫ ゴンベが種まきゃ カラスがほじくる ♫

 ちゅうのはホントなのだ。 それにしても的確に種を埋めた場所が解かるのか不思議だ。


 一昨年は20cm角程の網をかぶせて避けたが、昨年はどういうワケが処置を忘れたようである。

 落花生を土に埋めると1m程の間隔で鉄パイプ(菊の支えに使っていたモノを貰ったようだ)を2列に挿し、その間に糸を張る。(欄外PR写真参考) ロの字とX字を合わせた形に。

 糸は前もって用意していた。 

 「タコ糸あるけど、ダメなんか? 釣り糸では?」と聞くと、 カラス除け専用の糸があるという。 農業資材屋に寄った。 ナイロンの黄色い糸にラメが織り込んである。

 鳥類は飛び立って逃げる事が死活を分けるので、糸でそれが妨害される事を非常に警戒する。 田んぼに稲のタネ巻きの時も見るが、こっちはスズメ除けだ。

 200mもあるんで、殆ど余りだが。 スイカにもつかえそうだ。

 さて、話はある日の朝に遡るが、

 家内から「落花生を蒔きたいからトラクターで耕して」という。 彼女からミッションが下ると、数日以内にやらないと夫婦関係にヒビが入る、ミッション・インポータントなんである。

 とはゆうモノの、雨が降って耕せる状態でないので、翌日耕す。  落花生を蒔くところと冬野菜を収穫して草が生えたところを合わせて耕す。 トラクターで耕すと雑草が生えにくくなるので、除草剤かわりに空いたところは耕しておく人が多い・・プロの人達は。

 以前記事にしたが、彼女はトラクターは欲しいが運転はしたくないという不思議な思考の持ち主なのだ。 この解(カイ)は夫に耕してもらうという事なのだが。

 トラクターの運転はちょと楽しいのでま、ヨシとする。 昨年中古買って、ノウハウがなく、通過した後がデコボコになっていたが、苦闘の末だいぶ方法がわかってきて、今はスイスイ・・の一歩手前なのである。

おしまい


防鳥糸 ハッ鳥君 イエロー 500m
三京化成工業株式会社

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



住友化学園芸 ナメ退治ベイト 330g
住友化学園芸

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト






カラスバスター 鳥害対策フィルター 110型(11x11cm) 2枚組
株式会社カラスバスター

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック